SEO対策 EAT(専門性・権威性・信頼性)

EAT(専門性・権威性・信頼性)

 

こんにちは。

 

ブログを始めたての方は、「SEO対策ってよく聞くけどなんだろう?」って思ってる方が多いと思います。私もブログを始めた当初に思っていました。

 

この記事ではそのような方向けに分かり易くをモットーにSEO対策について解説していきます。

 

信頼性

私はこれまで様々な有名ブロガーの記事や本を読んできました。それから得た知識を元に書いていますので、内容に関しての心配はしなくていいかと思います。

 

それでは、早速初めていきましょう。

SEO対策とは

 

「SEO対策」とは、検索エンジンの検索結果でサイトをより上位に表示されるために行う取り組みのことをいいます。

 

例えば、Googleの検索で色々調べると思うんですけど、その時に検索欄に調べたいことを入力して出てきた記事をクリックして読みますよね。その時に、記事によって表示される順位が決まってて、その順位を上げるための取り組みが「SEO対策」です。

 

SEO対策必要なの?

そもそもSEO対策が必要なんでしょうか?結論としては、やらないよりはやった方がいいです。なぜかというと、検索サイトでサイトが上位表示されるとWEB上での集客が期待できるからです。

企業などは自社のサイトで商品を売ったりしていて、そのサイトが上位表示されるだけでサイトへのアクセスが増え、売り上げが伸びます。

個人でブログをやっている人も同様にそのブログがWEB上で上位表示されれば、その分売り上げが伸びることになります。

 

SEOって何?

それでは、そもそもSEOってどういう意味なんでしょうか。

SEOとは・・・「Search Engine Optimization」の略称で、日本語で「検索エンジン最適化」のこと

これだけ言われてもなんだかよくわかりませんね。笑

大まかにいうと、利用者に価値あるコンテンツを提供したり、優良な被リンクを集めたり(外部施策)、適正に検索エンジンにページ内容を理解・評価されるよう技術的にWebページを最適化(内部施策)することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、自サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。

これらについては、これから徐々に解説していきますね。

SEO対策の種類

 

SEOの種類は主に下記の3つです。

 

(1)良質なコンテンツ提供

(2)内部対策

(3)外部対策

 

今回の記事では、(1)良質なコンテンツ提供について解説してきます。((2)内部施策(3)外部施策については次回記事)

良質なコンテンツ提供

 

まず第一にそのサイトが上位に表示されるためには、利用者にとって価値のあるコンテンツを含んだサイトでなければいけません。

 

利用者にとって価値のあるコンテンツとは?

普通に考えると、利用者のニーズに応えるのが価値のあるコンテンツですよね。自己満足で済ませているコンテンツは価値のあるものとは言えません。

すでに有名なブロガーなり有名人が自己満足で書くのはそれはそれで成り立つのかもしれませんが、素人が自己満足で書いてたら絶対に成り立ちません。

 

どこの誰かもわからない人が、「今日はこんなことがありました。その後ラーメンを食べて、ジムに行き運動を1時間行い、充実した1日となりました」と書いても興味もありませんよね。

 

💡それでは、具体的にどういうサイトが利用者にとって価値のあるものなのでしょうか?

 

結論としては、Googleの評価基準に沿ったサイトにすればいいです。

ここでいきなりGoogleの評価基準が出てきましたが、なぜそのようにすれば良いのかというと日本での検索エンジンを占めている割合がGoogle約75%、Yahoo約15%、Bing約8%、その他約2%だからです。

YahooはGoogleのシステムを利用しているため事実上Googleのシステムがほとんど占めている状態と言っていいです。なので、Googleが定めている評価基準を満たせばそのサイトが利用者にとって価値のあるサイトとみなされ、上位表示されるということです。

 

Googleが最重要視する3つの評価基準EAT

Expertise 専門性(ジャンル特化)

Authoritativeness 権威性(誰が言っているか)

TrustWorthiness 信頼性(ユーザーにとって信頼できる情報か)

 

Expertise 専門性(ジャンル特化)

専門性とは、そのサイトに専門性があるかどうかということです。

専門性を上げるための方法をご紹介します。

・ジャンルに特化すること

・専門的な知識を多く提供すること

・体験談を書くこと

・専門家に取材すること

ジャンルに特化すること

情報を広く浅く提供するよりも、何かジャンルを絞っていくことが専門性を上げる近道です。

例えば、「サッカー」についての専門性をあげたい時に、「バスケ」や「野球」のことについて書けば専門性が低いという事になります。

「誰々と飲みにいきました」とか「プールに行きました」などといった専門性と関係のない記事を削除した事によってサイトの順位が上がったという事例もあります。

 

専門的な知識を多く提供すること

利用者に専門的な知識を提供しているサイトは専門性が高いと評価されます。

ジャンルに特化した情報量を多くし、ジャンルと関係のある分野の情報も網羅しておくといいでしょう。

例えば、男性向けの時計を書くとすれば、価格帯、プレゼントにおすすめなの時計、30代におすすめな時計、人気なブランドなどを網羅して書けば専門性は高くなります。

 

体験談を書くこと

そのテーマについての体験談を書くことも専門性を高める方法です。

体験談を書く事によって、その人にしかわからない情報を提供することができ、専門性が高いとみなされます。また、オリジナリティも出るため他の人と差別化を図ることもできるでしょう。

例えば、パソコンについて書く時は、「パソコンの大きさはこれくらいで、薄さはこれくらいです。持ち運びがしやすいです。使用感としてボタンが押し易く、音も小さいためおすすめです」と言った感じで書けばいいです。

 

専門家に取材すること

専門家に取材して得た内容を書くことも専門性を高める事につながります。

例えば、泳ぎ方について書きたければスイミングスクールの先生に取材すればいいし、裁判についての記事を書きたければ弁護士に取材してみるのもいいでしょう。

 

Authoritativeness 権威性(誰が言っているか)

権威性とはコンテンツの内容よりも誰が言っているかで判断されるものです。

Googleは権威性の高い人物や団体のコンテンツをとても高く評価しています。権威性が最重要だと考えてもいいでしょう。

例えば医者などの専門家は権威性があると言えます。

それじゃ専門家でないと権威性をあげれないかと言えば違います。

 

💡権威性を高める方法

・自分の実績を紹介する

・マスメディアからの紹介実績を表示する

・関連サイトや公的機関など権威の高いサイトからリンクをしてもらう

・ネットやSNSで「〜のサイトいいよ」などと紹介される

 

自分に何か実績がある人は、小さなものでもいいので公開してください。例えば、プログラミングを始めて3ヶ月で5万円を稼ぐことができました。などこう言ったものでいいです。実績を紹介することでこの人の情報は信頼できそうだなと思ってもらえます。

実績がない人は、有益な情報を提供し続けて誰かに紹介されることでも権威性を上げることができますし、紹介されたことが実績にもなります。

実績がない人がいきなり権威性を上げることは難しいので、コツコツ有益な情報を提供してあげていきましょう。

 

TrustWorthiness 信頼性(ユーザーにとって信頼できる情報か)

信頼性とはユーザーにとって信頼できる情報であるかということです。

 

💡信頼性を高める方法

・運営者情報(運営者の名前、電話番号、住所、メールアドレス、お問い合わせ、自己紹介、会社紹介など)

・文章を書くときは、事実だけを書く、専門性の高いサイトから情報を引用する(天気の情報なら気象庁の情報、科学的根拠のあるものならその論文から引用)

 

ブログを始めたの時期には、運営者情報はそこまで意識しなくていいでしょう。儲かってきたら意識してみてください。他の人差がつくと思います。

運営者情報に本人画像を使いたくない人は似顔絵などでもいいです。

 

まとめ

 

SEO対策は、あなたのサイトの検索順位を上げ収入を増加させる施策です。

 

主な対策として(1)良質なコンテンツ提供(2)内部施策(3)外部施策があり、今回は(1)良質なコンテンツ提供について解説しました。

良質なコンテンツを提供するには、Googleの評価基準:EAT(専門性・権威性・信頼性)を満たせばいいということでしたね。

 

これからブログをする人はこのEATを高める方法を実践していってください。そうすればあなたのブログは良質なコンテンツを提供しているという事になります。

ただ、一つ頭に入れないといけないことは、すぐには成果は出ないということです。

野球の素人が経験者にすぐに追いつけないのと同じです。

 

ポイント整理

・ジャンルを特化して、専門家に劣らない専門的知識を書いていく。文章は、事実を書く。専門性の高いサイトから情報を引用するのもあり。

・自分のサイトをSNSなどで紹介してもらえるよう有益な情報を提供する

・関連サイトや公的機関など権威の高いサイトからリンクをしてもらう

 

上記ポイントを意識して、継続的にコツコツやっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました